貴乃花が立候補して落選するなら国技を見直したほうが良い

いよいよ明日ですか? 相撲協会の理事長選。

私は特に相撲ファンではありません。

でも貴乃花のことは知っています。という程度の客観的な意見を綴りたいと思います。

スポンサーリンク

貴乃花は立候補するのか?

立候補しないのではという意見もあったように思いますが、立候補するという意見が濃厚になってきているのかなと思います。

先にも書いたように、私は特に相撲ファンでもなく、相撲協会の仕組みについて詳しいわけではありません。

なので、立候補するのか、しないのか、という予想も自信を持ってできません。

しかし、ひとつ言えることは、貴乃花が立候補するとして落選ということになったら、

――なんらかの思惑があってのことではなく、単に落選ということになったら、

「日本の国技である相撲」というものを見直した方が良いと思います。

もっとはっきり言うと、もはや相撲は日本の国技という軸を失っている、国技である相撲の品格を失っていると思います。

無言→笑顔に豹変、は全く不思議とは思えない

今まで無言を貫いていたのに、いきなり笑顔に豹変したとも言われているようですが、当たり前の反応だと思いませんか?

だって今まで無言だったのは、「余計なことを言って、その部分だけを拡大解釈されたくなかった」からです。

「そういうつもりで言ったわけではなかった」ことが、おかしなふうに広まってしまうこと、ありますよね。

だったら何も言わないほうが良い。

語らなくても、今回の件(暴行事件)はプロ(警察)に任せたのですから、それでいいんです。きちんと役目は果たしている。

言った言わないの議論ほどむなしいものはありません。

事実、提出したはずの形ある文書だって、なかったもののようにされかかっていましたし。

そして弟子の新十両昇進会見に笑顔で出席したのも、まったくおかしいことではありません。当然のことですよね。ひと段落ついて、出席できる状況になったのではないでしょうか。

結果を出していて間違っていない貴乃花を否定するのか?

会見を見ていて、師匠と弟子の微笑ましい関係にほっこりしました。

師匠と弟子ってこうあるべきだし、尊敬される経歴がある貴乃花だからこそ、弟子から「師匠のようになりたい」と思ってもらえるのでしょう。

現役時代に結果を出し、親方になって弟子を育てるということにおいても結果を出している貴乃花を否定するような動きがあるのだとしたら、おかしいです。単純に間違っていると思います。

立候補するのかしないのか、立候補するとしたら結果はどうなるのか、まもなくわかるのでしょうけれど、結果をきちんと出している貴乃花を否定するようなら、日本の国技としての尊厳などないのではないかと思います。

良い方向に向かいますように。

ちょっと思ったことですが、

貴乃花の大物なのに(失礼ながら)不思議キャラは、ある意味、愛される素質がありますよね。

管理人:グレねこ

※2月2日追記 貴乃花2票で落選。おかしい! これで何事もなかったかのようになってしまうなら、本当におかしい! 相撲ファンの方は納得しているのでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする