声の震えを克服する:腹式発声&ボイストレーニング

こんにちは。グレねこです!

今回は具体的に、私が学んできたボイストレーニングの方法をご紹介します。

参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

腹式発声のトレーニング

「お腹から声を出す」というのはわかっていても、なかなか腹式発声の感覚がわからないという人もいるでしょう。

そもそも腹式発声がどんなふうなものなのかわからないという人は、腹式発声の感覚をつかみましょう。

トレーニング法は簡単です。

仰向けに寝転がってください。

普通に、なにか声を出してみてください。「あー」でもいいです。

仰向けになって声を出す、その声を出している感覚が腹式発声です。

仰向けになると、自然に腹式発声になるのです。

リップロール

リップロールは、プロの歌手の方たちも本番前にやるお手軽なトレーニングです。

私が聞いたところでは、頬のあたりの余計な力を抜くためのトレーニングとのこと。

動画が見つかりました。

動画に合わせて発声練習をするのもいいかもしれませんね。

ちなみに、私はこのボーカルスクールの回し者ではありません(笑)

タングトリル

次にタングトリルです。

これ、最初はできませんでした。できる人からコツを教えてもらってもどうしてもできませんでした。

タングトリルの動画も見つけました。舌を鳴らしていくというか、震わせていくというか。

出来る人から教えてもらったタングトリルのコツは、「舌を丸める」「舌先を前歯の裏に軽く当てておく」などでしたが、全然、できませんでした。

それが、あるときいきなりできるようになったんです。

できなかった私が思う、タングトリルのコツです。

要するに、お腹から出す空気が何にも遮られず、舌先に当たるようにすればいいのです。

身体のどこかに力が入っていてはダメです舌先を上の前歯の裏に軽く当てた状態で、お腹から出す空気をストレートに思いきり舌先に当ててみてください。

リップロールとタングトリルをやりながら声をのせていく

声は息にのるもの、と教わりました。

声を出そうとしても、息が止まっていては声は出ません。

息に声をのせていく感覚を身につけることが大切です。

その練習のため、リップロールやタングトリルをやりながら、息だけにしたり、そこに声をのせたりということをしてみましょう。

自在に、息に声をのせていくことができるようになりましょう。

こんな感じです。↓

ボイストレーニング、試してみてください^^!

管理人:グレねこ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする